ゲームはやることやってから

きまぐれでゲームのプレイ日記を書きます

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド プレイ日記02 はじまりの台地②

祠探し

はじまりの台地にて祠探し

前回、『パラセールが欲しいんだったら、克服の証全部集めてみろ』とじいさんに言われたので、集めてやんよ。

探すコツ

塔の上に立って、望遠鏡で祠を探す。見つけるとマップ上にピンを打って目印にする。こんな感じで2つの祠に目印をつけた。

f:id:yuruiblog:20170723190024j:plain

ハイリア山と左の方との右の方。ハイリア山は雪山だ。はじまりの台地は大体探索し終わったと思ってたけど、マップで見ると全然じゃんか。そういえば、濱口氏も雪山に行ってたし、いかだにも乗ってたな…。山にも行ってなかったし、川なんてどこにあるんだろう。私の行った範囲なんて、半分にも満たないんじゃないか。世界って広いんですね…(遠い目)

 

ハイリア山にて

f:id:yuruiblog:20170723191225j:plain

リンク寒がる。寒さは感じるらしく、雪山でのリンクはこんな感じ。寒がるだけならいいんだけど、ダメージもくらうので寒さ対策をしなくちゃならない。山の入口にあるポカポカの実を食べると、寒さガードがついて一定の間、寒さを感じない。ポカポカの実は料理にするとその効果時間が長くなる。

寒さガードが消える前に、祠に着かないといけないってことで、道中のボゴブリンはオール無視。気になる道とか川とかあったけどオール無視。いつかまた来ればいい。今は祠へ急ぐのだ。思ったより長くて何回か料理を食べて、寒さをガードしながら祠にたどり着いた。

f:id:yuruiblog:20170723192321j:plain

この祠では、アイスメーカーというアイテムをget。氷柱を自由に作れて、そこに乗ったりできるんだなー。克服の証2つ目get。

3つ目の祠探し

 3つ目の祠がなかなか見つからなくて苦戦。マップ上のピン目指して進むんだけど、岩山にはばまれて、なかなか近づけない。この岩山の下らへんなんだけどなー、どうやって行けばいいんだよーってウロウロしてたんだよ。そしたらズズーっと滑り落ちてしまい、気づくと目の前に祠。あら、ラッキー。

f:id:yuruiblog:20170723193324j:plain

 ここでは、ビタロックというアイテムをget。物体の時間を止める、かなりすごいアイテム。止まってる時間が切れるとき、音でカウントされるんだけどその音が、カン・・・カン・・・カンカンカンカン、カカカカカカカカ・・・・ガシャーン!この音とテンポ、センスあって好きだわー。3つ目の克服の証get。

老人の家

 このを祠探す道中に、家を発見した。

f:id:yuruiblog:20170723194308j:plain

なんじゃこりゃ!家じゃん!!家の中に入ると、老人の日記があった。老人ってあのじんさんのことじゃんか。日記を読むと、

『 ‟ピリ辛山海焼” のレシピを一つ忘れてしまった。その食材を教えてくれた者には防寒着をやろう。』

防寒着!欲しい!雪山の祠はクリアしたけど、まだ探索は終わってないし、いつか行こうと思ってたから、防寒着は助かる!ピリ辛はポカポカの実でしょ。海の幸はきっと魚だ。魚はある。山の幸は、きのこかなーと思って料理してみたけど、違うものが出来ちゃった。動物の肉かもしれないなー。でも、矢を打つのが下手くそで、猪に当たらないんだよね。まぁ急ぐことじゃないし、そのうちトライしてみよう。

4つ目の祠

4つ目の祠がなかなか見つからない。まだ探索してなかった東の神殿跡に行ってみることに。昔、ここには神殿があったんだろうね。壊れてるけど、レンガで積まれた壁が迷路みたいに残ってる。その壁を乗り越えて進んでいくと、

f:id:yuruiblog:20170723200043j:plain

ヤバーーーーーい!!!!

こいつヤバイやつだ!!電子音を鳴らしてビームで狙ってくる!!でも、祠にいたやつとは違って移動はない。足が壊れてるのか…。とにかく逃げろ逃げろ逃げろー!!壁を飛び越える!!すると目の前に祠。あら、ラッキー。その祠は壁に囲まれるように存在していた。そりゃ、外から見つからないわけだ。

その祠では、リモコンバクダンというアイテムをget。バクダンを地面に置いて好きなタイミングで爆発させることが出来る。このバクダンは使っても使ってもなくならない。何故だ。不思議だ。シーカー文明すごすぎるぞ。4つ目の克服の証get。

全てを話そう、100年前に何があったのか

じいさんの導くままに

祠を出ると、じいさんがいた。『4つ全部揃ったよ。早くパラセール頂戴!』リンクが言うと、じいさんは神妙な雰囲気を醸し出してきた。

『時が来たな。お主に全てを話す時が。』

きたーーー!!ついに、じいさんが何者かわかるぞー!!じいさんは続けた。

『4つの祠が交わる場所を訪れるのじゃ。わしはそこで待つ。』

今話せー!!もったいぶってんじゃないよ!!じらすねぇ。じいさんよ。

大体察しはつくんだ。100年前のガノンとの闘いで、命を失った人の子孫なのだろう。ハイラル王国を救うべくリンクが目覚めるのを待っていたのだろう。

100年前じいさんは、まだ母親のお腹の中にいたのだ。闘いの最中、母親は命がけで子供を出産、同時に命をおとしたのだ。じいさんは親戚のおばに育てられたが、生活は苦しく満足に食事も与えられなかった。国民は飢え、感染病が蔓延し、怒りと悲しみで満ちた。

やがて国内紛争が勃発。さらに生活は厳しくなった。国民は徐々に平和な日々を夢見ることすら諦め始めた。町は活気を失い、人々の心は荒んでいった。もう、誰もガノンと闘おうとする人間はいなかった。

そんな中、じいさんのおばは病気になりこの時代を恨みながこの世を去った。わずか8歳で天外孤独となったじいさんは、ガノンを討伐することを誓った。しかし、子供のじいさんんには何も出来ない。大人の協力が必要だ。8歳の子供の言うことには誰も耳を傾けない。じいさんは孤独だった。

そんなある日、ガノン討伐を本気で狙う若者と出会った。その出会いがじいさんの運命を変えた。その若者こそがそう、リンクだったのだ。

的なー。そんな的な話なんだろう。

じいさんは話し終わると、

f:id:yuruiblog:20170723204750j:plain

消えた!!

青い光を発しながら消えた。消えた・・・だと!?・・・人間じゃないの!?あんた、一体・・・!?

早くも、推測が見当違いの予感・・・

時の神殿跡地

4つの祠が交わる場所なんて地図で見りゃ一発よ。迷うことなく時の神殿跡地へ向かう。

f:id:yuruiblog:20170723210406j:plain

東の神殿と比べると、被害は少ない。それでも闘いの痕跡は酷いが、はじまりの台地でこの神殿だけ原型をとどめているのは何故だろう。

中に入ると、女神の像があったのでお祈りをしてみた。そしたら、克服の証4つと引き換えにハートが1つ増えた。

f:id:yuruiblog:20170723211354j:plain克服の証はこのために集めるのかー。祠をクリアするたびに証を手に入れて、ここで交換するってシステムらしいね。オッケー。っていうか、じいさんに渡す克服の証、全部渡しちゃった!ヤバイかな・・・まいっか!じいさん早く出て来いよ!

すると屋根からじいさんが顔を出して、こっちへ登って来い!だって。おいおい、じらすの好きだねぇ。

f:id:yuruiblog:20170723212102j:plain

屋根に登るとじいさんがいた。じいさんは青白く光っていた。何者なんだ。(もしかして、もう死んでいるのでは…。)早く教えてよ、ねぇおじいさん。教えて、おじいさん。あんた一体誰なんだよ。

f:id:yuruiblog:20170723212516j:plain

王様でした。

大物登場。宙に浮いてます。王様はハイラル王国最後の王様だったようです。今は魂だけの存在で、リンクが混乱しないよう仮の姿になっていたようです。

100年前のハイラル王国

f:id:yuruiblog:20170723213215j:plain

 ・ガノンとは太古の昔、この国に生まれた魔王が怨念と化して復活した姿

 ・ガノンは伝説やおとぎ話に現れる者として語り継がれてきた存在

 ・あるとき、王国の占い師が予言をつげた

  『大地にガノン復活の兆しあり、だがガノンに対抗する力もまた大地に宿る』

 ・予言に従って発掘を行うと祖先が造った遺物がいくつも発見された

 ・人が操る獣の形をした4体の巨大神獣

 ・自らの意志で敵と戦う からくりの兵士ガーディアン

 f:id:yuruiblog:20170723214610j:plain

 ・力の継承者である姫才能ある騎士がいた

 ・祖先にならった陣を張ることにし、優れた能力を持つ4人を神獣を操る任務を与え

 ・姫を長とし、彼らを英傑と名付け結束を固めた

f:id:yuruiblog:20170723215155j:plain

 ・だが、ガノンは想像を超える策を持って復活した

 ハイラル城の地下深くから現れた

 ・そして、ガーディアンと四神獣を乗っ取り、襲い掛かってきた

 ・城の民、英傑達は命を落とし、騎士も姫を守るために倒れてしまった 

 ・こうして王国は壊滅させられた

f:id:yuruiblog:20170723215729j:plain

  生き残った姫は、それでも1人でガノンに立ち向かった

f:id:yuruiblog:20170723215929j:plain

『リンク…後を託します…。あなただけが最後の希望…どうか…。』

姫の名前はゼルダ。私の娘。そして、最後まで戦ってくれた騎士がお主だ。

あの日、お主の命運は一度尽きた。だが、この台地の祠に運ばれ100年かけて蘇生を果たしたのだ。ゼルダは今もハイラル城でガノンを抑え続けている。だが、力は直に尽きる。そのとき、奴は完全に復活しこの国は今度こそ滅んでしまうだろう。それでも頼みたい。ガノンを倒し、娘を救ってくれ。

f:id:yuruiblog:20170726101743j:plain

おうさま…

なんかもう、自分が恥ずかしいですね。勝手にふざけたストーリーを作って、すみませんでした。あのじじい!とか言ってすみませんでした。

リンクはすでに国のために命を落とすほどの戦いをしていたんですね。ガノン復活に対抗するために、時間と労力をかけて準備したのに。お金だって相当かかっていることでしょう。なのに、大勢の人を殺され、国を壊滅させられてしまったなんて。どんなに無念だったことか。

ガノンと戦い国を守ることを誓った仲間たちが次々と命を落とし、ついには1人で戦うゼルダを想うと胸が痛みます。っていうか今もガノンを抑え続けてるってどういうことなんでしょう。力の継承者って言ってたけど、どういう力なんでしょう。

リンクは眠っている間に記憶もなくなったみたいだけど、旅を続ける間に思い出すのでしょうか。蘇生したって、それもシーカー文明の力!?なんでリンクだけ!?

いろいろ謎はありますが、やってやりますよ。ガノン討伐。ゼルダ助けに行くぜ!

まずは、東にあるカカリコ村に住むインパという者に会いに行って、どうすればいいか聞いた方がいいよ、って王様がおっしゃったのでそうします。(王様が教えてくれてもいいんだけど。)

王様から念願のパラセールを頂戴しました。パラセールのことなんかもう忘れてたよ…。

さぁ、ここから大冒険の始まりですね!!早速、パラーセルではじまりの台地脱出~!

f:id:yuruiblog:20170726105856j:plain

次は、双子山を越えてカカリコ村を目指します。