ゲームはやることやってから

きまぐれでゲームのプレイ日記を書きます

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド プレイ日記06 インパ語る昔話

前回、カカリコ村に到着し、新しい服を買い、インパと会った。『正義感だけで突き進むその真面目さは昔のままじやゃ。』インパ様は語り始める。

 

ハイラル王国の歴史

 

ハイラル王国は、太古の昔から何度もガノンという厄災に襲われてきた。その度に、勇者女神の血を引く姫の活躍によって平穏を取り戻す。その繰り返しの歴史

f:id:yuruiblog:20170809212724j:plain

これは、1万年前の話。当時のハイラル王国は高度な文明を持っていた。それは魔物すら脅威としない程の力だった。その技術や力を勇者と姫の助けにしようと考えた。

 

f:id:yuruiblog:20170809212824j:plain

厄災が復活してもその封印を確実にするモノを造ろうと。造ったのは、2種類。

【神獣】・・・人が操る4体の巨大な獣。操る4人は、特殊能力に秀でた者より選び出された。

【ガーディアン】・・・自らの意思で敵と戦うカラクリの兵。

f:id:yuruiblog:20170809213020j:plain

こうして、ガノンに対抗する準備は整った。

そして、再びガノン復活。国を襲ってきた。が、勇者や姫達はガノンに立ち向かった。

f:id:yuruiblog:20170809213104j:plain

ガーディアンは小さいが、数を活かし勇者達を守った。神獣はその巨大から猛撃を放ってガノンの力を削り取った。

そして、退魔の剣を持つ勇者がガノンにとどめを刺し、聖なる力を受け継ぐ王家の姫が奴を封印した。

f:id:yuruiblog:20170809213219j:plain

そして、100年前。占い師がガノン復活を予言。復活に備えるため、1万年前の伝説にならい、準備を急いだ

しかし、我らはやつらを侮っていた・・・

f:id:yuruiblog:20170723215729j:plain

 

そして、二度と同じことを繰り返さぬよう、姫様はリンクにこの言葉を託した

 

f:id:yuruiblog:20170809213800j:plain

20170727 18233100

『四体の神獣を解放せよ』

四神獣とは、ガノンに倒された四人の英傑が操った古代シーカー兵器のこと。神獣の力なくして、ガノンに立ち向かうことは困難を極める。ガノンに奪われた神獣に乗り込み再び我らの手に取り戻すのじゃ

 

だってガーディアンも神獣もガノン復活に備えて造られた兵器だったんだ。なのに、そいつらに国を壊滅させられちまうなんて、どんなに無念だったことか。

ガノンって倒すだけじゃダメってことなのか。封印しないといけないのか。でも、封印してもまた復活するんじゃあねぇ…。っていうか、封印って何だ?完全に再起不能とかに出来ないのかなぁ。悲しい歴史は繰り返したくないよね。

インパ様は神獣についても教えてくれた。以下まとめ。

『神獣はハイラル各地に住む四つの部族の元にあるしー。マップ見ればいいじゃーん。』

f:id:yuruiblog:20170809214712j:plain

めちゃ遠い!!!

ハテノ村古代研究所なら力になってくれるから行ってみればー。大厄災の被害を免れた数少ない村の一つなんだよー。

f:id:yuruiblog:20170809214932j:plain

『あんたさー起きたばっかじゃん寝起きじゃん。だからすぐにね、ガノンを倒せなんて言わないよ私は。

うーんとね、まずは壊れたシーカーストーンを直さないとねー。うん、ハテノ村へ早く行っといでー。』

f:id:yuruiblog:20170809215048j:plain

ふぅーーーー

なんか色々言われた。シーカーストーンって壊れてたんだ。

とにかくガノンを倒すには、神獣解放が重要ポイントのようだ。ルフィだったら、真っ先にガノンをぶっ飛ばしに行くと思うけどな。まぁ、ルフィには仲間がいるからいいけどね、リンクは1人でやらなくちゃいけないのよー。でも、やるのは1人だけど、色んな人が情報をくれたり手助けしてくれるからねー頑張れるよねー。

 

次は、カカリコ村で遊ぶ 。ガノン討伐はお休みの巻。